NOISU トレーニング

筋力低下で拡大した毛穴をトレーニングで改善する

 

筋力低下で拡大した毛穴をトレーニングで改善する

 

毎日朝晩洗顔して、毛穴もきれいにしているつもりなのに、頬の毛穴が目立ってきて「あぁ、年のせい…」と悩んでしまいます。

 

顔だけで20万個もあるという毛穴は、何のためにあるのでしょう。毛穴には皮脂・汗・老廃物の排出機能があります。

 

肌の保湿と、外部刺激からの肌の保護に皮脂膜は役立っています。

 

さらに適度な皮脂は、肌の?バランスを保ち、抗菌作用もしています。

 

その毛穴のケアがうまくなされていないと、毛穴が開き、症状が悪化するわけです。

 

つまり洗顔が不十分で、過剰な皮脂や汚れが残っていたり、保湿が十分にされていなかったり、代謝力が低下していたり、原因はいくつもあります。

 

どのようにケアをしてトラブルを少なくするかは、まず原因を知ることが大切です。

 

年齢を重ねると、肌の機能も低下してきます。女性ホルモンの影響でコラーゲンの体内生成が減少したり、代謝力が低下したり、顔の筋力が低下して「頬の毛穴が拡がって見える」のです。

 

 

顔の筋力低下を防ぐための運動

 

20代を過ぎると、細胞間脂質を「強すぎるクレンジング剤」で流出させないように気をつけなくてはなりません。

 

加齢により細胞間脂質のセラミドも生成量が減っていくので、クレンジングや洗顔で無駄に失いたくないものです。

 

アンチエイジング対策で、紫外線対策や、保湿成分や抗酸化物質を含んだ化粧品で肌の保湿や修復を十分に行って、からだの外からのケアをします。

 

また、タンパク質や、抗酸化ビタミンをしっかりと食事で摂取し、さらに 良質の睡眠をとるなど体の内側からもケアをします。

 

忘れてはならないのが、顔の筋肉に対してのケアです。筋力が衰えると皮膚や皮下脂肪を支えられなくなりたるみが生じ、毛穴が縦長や楕円に拡がって見えるようになります。

 

顔の筋肉、表情筋は目・鼻・口を動かすための筋肉です。

 

30以上の筋肉があると言われますが、日常生活では半分も使えておらず、筋力の衰えや、血流も悪くなります。

 

表情筋のトレーニングは衰えを遅くする効果があります。

 

ウォーミングアップとして、顔の中央に目や口を寄せるようにします。今度は顔全体を縦に延ばすように目・鼻すべてをのばします。

 

ゆっくりと、この動きを繰り返します。次に「あ」「い」「う」「え」「お」をしっかりと口を開けて発声します。頬を膨らませたり、へこませたりの繰り返し、舌で頬の内側を押すようにします。次に、舌を出したまま、首をそらします。目に関しては、左右・上下を見る運動をします。どの動きも3~5回ずつ行います。

 

 

毎日の繰り返しが大切

 

このような表情筋トレーニングは、いつでもどこでも簡単にできるので、少しずつでも続けることが大切です。

 

繰返していることで、血行も改善されます。また入浴中に行うとさらに効果的に行えます。肌のハリにも効果が現れ、化粧のノリもよくなってきます。

 


ノイストップーページ

NOISU 【トップ記事】
noisu(ノイス)を検証。
女性用のひげ対策商品ノイスイノセンスクリアセラムはムダ毛に効果があるのか?最安値、楽天やアマゾン他を調査その結果は!
また気になる口コミも紹介中。